ニキビは正しいスキンケアで予防可能?対策法を解説

ニキビは正しいスキンケアで予防可能?対策法を解説

ニキビは、一度できるとなかなか治らないので、気分が滅入ってしまいます。
もしニキビを予防できるスキンケアがあれば、ぜひ取り組みたいと思うのではないでしょうか?
そこで今回はニキビを予防する対策として、スキンケアや食べ物について解説します。

ニキビ予防対策—スキンケア

ニキビを予防するスキンケアのキーワードは「清潔」「保湿」「保護」です。そのためできる限り皮膚への刺激を避け、乾燥を防ぎ、適切に保護することが重要です。

刺激の少ない洗顔料を用いて丁寧に洗い流す

ニキビの原因となる皮脂や毛穴が詰まる原因となる化粧品を丁寧に洗い流し、お肌を清潔に保ちます。
ニキビへの対応法について、皮膚科専門医たちが科学的根拠を元に作った「尋常性痤瘡ガイドライン2017」によると、ニキビがある人には1日2回の洗顔が推奨されています。また化粧を落とすためのオイルクレンジングは、安全に使用できる候補のひとつとされています。
ただし、スクラブ(粒子)や殺菌成分を含む洗顔剤を使用することについて、その有効性は定かではありません。ただ、ニキビを悪化させるものではないことは言えるでしょう。
ひとつの目安は、皮膚への刺激が軽く、かつニキビの原因とならないことが検証された証拠となる「ノンコメドジェニックテスト済み」の製品を利用することです。
ニキビを作る原因とならず、かつ悪化させる原因ともならない製品を使い、朝夕と丁寧に洗顔しましょう。

乾燥を防ぐ

肌が乾燥すると皮膚がバリアを失い、肌を良い状態に保つことが困難になってしまいます。したがって、できる限り肌を保湿し、刺激から守る必要があります。
使用するスキンケア製品は、「ノンコメドジェニックテスト済み」である、低刺激性のニキビ用製品が望ましいでしょう。

過度に刺激を与えない

紫外線は皮膚を傷つけ、ニキビを悪化させる原因となります。また、化粧品や洗髪剤が十分に洗い流せていないと、皮膚には刺激になります。
日焼け止めを使う、あるいは直射日光が当たらないように幅広の帽子をかぶる、また洗髪や洗顔の際は十分に洗い流すなどの対策を考えましょう。
なお化粧品も「ノンコメドジェニックテスト済み」の製品をお勧めします。

ニキビ予防対策—食べ物

残念ながら、現時点ではニキビを予防する効果のある食べ物は特定されていません。「尋常性痤瘡ガイドライン2017」でも、特定の食事指導は推奨されていません。ただ積極的に摂った方がよいと思われる食べ物、できれば避けた方がよい食べ物はあります。

バランスの取れた食事—積極的に取り入れたい成分

バランスの取れた食事が、ニキビの予防に良いことは間違いありません。そのなかでも、積極的に取り入れたい成分、そしてその成分を比較的多く含む食材をご紹介します。
まず肌の細胞の元になるタンパク質は重要です。
また肌の新陳代謝を促進し、皮脂量を制限する作用があるビタミンB2とビタミンB6、さらに紫外線などの刺激から肌を守る作用のあるビタミンCやビタミンE、肌の乾燥を防ぐ効果のあるビタミンAなども取り入れたい成分です。

  • タンパク質:肉、魚、大豆、卵など
  • ビタミンB2:納豆、レバー、うなぎ、アーモンドなど
  • ビタミンB6:豚肉、イワシ、マグロ、サケ、大豆、卵、ニンニクなど
  • ビタミンC:小松菜、ブロッコリー、レモン、イチゴ、キウイなど
  • ビタミンE:アボガド、大根、うなぎ、いくらなど
  • ビタミンA:にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜

バランスの取れた食事—できれば避けたい成分

バランスの取れた食事を摂りつつ、できれば避けた方が良いものとして、皮脂分泌量に影響すると考えられるチーズや牛乳などの乳製品や、グリセミック指数の高い糖質が挙げられます。
グリセミック指数の高い食べ物とは、食後に急激に血糖値を上げる傾向の強い食べ物です。
特に食パン・フランスパン、精白米、もち、じゃがいも、白砂糖、チョコレートなどが、グリセミック指数の高い食べ物として知られています。
ここに挙げた食品については、ニキビを予防する観点からできれば避けた方が良いでしょう。

ニキビ予防対策—体質改善

さらにニキビができにくい体質となるためには、十分な睡眠とストレスケアが重要です。

十分な睡眠

人間は睡眠をとっている間に、ニキビができた肌のように傷ついた体の修復を行なっています。特に入眠して数時間後に現れるノンレム睡眠と呼ばれる、深い眠りが重要と考えられています。
したがって、ぐっすりと眠ることができるように生活環境を整えましょう。

ストレスケア

ストレスが多い生活をしていると、皮脂の分泌を促進するアンドロゲンが増えることが知られています。
ストレスへの対処法は人によってそれぞれ異なりますが、運動、入浴、音楽、友達との会話など、できる限り健康的な方法でストレスを軽減させましょう。

【まとめ】ニキビは正しいスキンケアで予防可能?対策法を解説

ご自身で対処できる、ニキビの予防方法をご紹介しました。
ニキビ予防の対策は、体の一部へのケアのように思うかもしれませんが、実は私たちの体そのものをより良い状態に保つためのケアとも言えます。
ぜひニキビケアを通して、体の内面からも美しくなることを目指しましょう。

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。