話題の「乳液仮面返し」とは?その効果とやり方を紹介

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

話題の「乳液仮面返し」とは?その効果とやり方を紹介

「乳液仮面返し」と呼ばれる画期的なスキンケアをご存じでしょうか?
インパクトの強いネーミングだけではなく、その手軽さや効果にも注目が集まり、最近では雑誌やテレビ、インターネットの美容サイトなどでもよく取り上げられています。
自己流で乳液仮面返しをしている方も多いようですが、より効果を高めるためにはちょっとしたコツが必要です。
そこで今回は、話題の乳液仮面返しの正しいやり方をご紹介し、肌がしっとりモチモチになる理由に迫ります。

話題の「乳液仮面返し」とは?

まず、乳液仮面返しを知らない方のために、概要と効果を簡単に説明します。

シートマスクでうるおいを肌に閉じ込める「乳液仮面返し」

乳液仮面返しとは、シートマスクの両面を利用して水分と油分を補うケア方法です。
シートマスクに乳液をたっぷりのせ、ひっくり返して使う独特のメソッドから、このようなユニークな名前がついています。
乳液仮面返しでは、最初にシートマスクで肌にしっかり水分を補います。肌が十分にうるおったら、乳液をシートマスクの外側にたっぷりのせ、裏返して顔に貼り付けます。最後はシートマスクをはがし、ハンドプレスで乳液をなじませて終了。
水分と油分がしっかり肌にしみ込むため、ケアした直後だけではなく、翌日~翌々日までうるおい効果が期待できます。

肌の症状に合わせてケアできるメリットも!

乳液仮面返しで用意するのは、シートマスクと乳液のみです。
普段使いのコスメでも乳液仮面返しはできますが、肌の状態に合わせてシートマスクや乳液を選べば、季節の変わり目や乾燥が気になるときなどのスペシャルケアにも利用できます。
例えば、肌の乾燥が進み、赤みやかゆみが気になる場合は、敏感肌用シートマスク×敏感肌用乳液でケアするのがおすすめです。肌の状態が整ってきたら、乳液はそのままでシートマスクを保湿系のものに変更。肌にうるおいが戻ってきたら、乳液を保湿系のものにステップアップします。
うるおいのある透明肌を目指す場合は、透明感や美白系のシートマスク×保湿乳液でケア。透明感にこだわるならば、乳液も透明感を目指せるものに変更するのがおすすめです。
このように、さまざまな肌質・肌悩みに対応できるのが、乳液仮面返しの大きなメリットです。

「乳液仮面返し」の方法

では、乳液仮面返しのやり方を、ポイントとあわせてご紹介します。

用意するもの

乳液仮面返しで必要なのは、化粧水をたっぷり含んだ不織布タイプのシートマスクと、乳液です。
途中で乳液をのせたまま裏返さなければならないため、シートマスクは破れにくい丈夫なものを選びましょう。乳液は、たっぷり盛りやすい濃いテクスチャーのものがおすすめです。コストパフォーマンスが気になる場合は、プチプラコスメを利用するのも方法のひとつです。

「乳液仮面返し」の4つのステップ

乳液仮面返しは、4つのステップで終了です。

1.シートマスクを使う前に、化粧水で肌を整えます

より高い効果を期待する場合は、ブースター化粧水などを利用しましょう。化粧水で肌を整えたら、シートマスクを顔にのせます。シートが浮かないように、切れ込みの位置を目や鼻にしっかり合わせてください。内側から外側に向かっておさえていくと、空気が入りにくくなります。

2.10分ほどしたら、シートマスクが乾く前に乳液をたっぷりのせましょう

乳液をのせるときに、顔の内側から外側に向かって指先で軽くクルクルとマッサージするのがポイントです。

3.たっぷり乳液をのせたら、シートマスクをはがして裏返します

額のあたりを持つと、うまくはがせます。切れ込みの入っている部分は破れやすいので、注意しましょう。

4.乳液のついている面を顔に当て、10分ほどパックします

シートマスクをはがしたあとは、顔の内側から外側に向かってやさしくハンドプレス。うるおいが逃げないようにしっかり乳液をなじませたら、終了です。

「乳液仮面返し」がおすすめの理由

乳液仮面返しをすると、肌がふっくらモチモチになり、しっとり感も数日間続きます。特別なコスメを使うわけではないのに、なぜそこまで高い効果が期待できるのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

水分と油分をたっぷり補いうるおいを逃さない

通常のシートマスクでは、水分と油分の両方を補うことはできません。
一方、乳液仮面返しならば、シートマスクで肌をたっぷりとうるおしたあと、乳液で油分を補うことができます。また、シートマスクでうるおいを封じ込めてケアするため、肌のすみずみまでうるおすことが可能です。

シートマスクによる乾燥を防げる

シートマスクを長時間使用すると、かえって肌が乾燥することがあります。しかし、乳液仮面返しでは途中で乳液をのせるため、乾燥するほど長くシートマスクを使用することはありません。
スキンケアによる肌荒れを防ぐ、という点でも、乳液仮面返しはおすすめのスキンケアといえます。

シートマスクが温まり乳液の浸透率がアップ

乳液仮面返しでは、シートマスクがすでに温まった状態で乳液をのせるため、通常のスキンケアより有効成分の浸透が期待できます。また、肌に直接ふれる機会が少ないため、摩擦による肌トラブルも最小限におさえられます。
普段使いのコスメでも高い効果が期待できるのは、肌への刺激をおさえつつ有効成分をしっかり浸透させることができる乳液仮面返しならではの特徴といえるでしょう。

【まとめ】話題の「乳液仮面返し」とは?その効果とやり方を紹介

乳液仮面返しは、シートマスクの両面を活用して水分と油分を肌に封じ込める新しいスキンケアです。
シートマスクと乳液だけでできる簡単なケアですが、その効果は高く評価されており、日々のスキンケアから特別な日のためのスペシャルケアまで、幅広く活用できます。
普段使いのコスメでケアできるのも、乳液仮面返しの大きな特徴です。
肌に不調を感じたら、乳液仮面返しで肌の元気を取り戻しましょう。