プラセンタエキスとは?成分の効果を解説

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

プラセンタエキスとは?成分の効果を解説

プラセンタを利用したサプリメントや美容液のなかに、「プラセンタエキス」が配合された製品があることに気づいた方もおられるかもしれません。
では一体「プラセンタエキス」とはどのようなものでしょうか?
今回は、このプラセンタエキスについて、その成分までも分析し、ご紹介いたします。

プラセンタエキスとは

まず、プラセンタエキスの由来、またプラセンタの注射液との違いについて説明します。

プラセンタエキスの由来

プラセンタとは、基本的に哺乳類の母親が胎内で赤ちゃんに栄養をあげるために必要な胎盤のことです。そしてプラセンタエキスとは、この胎盤から抽出された栄養素などの有効成分を意味します。
現在日本で使用されているプラセンタエキスは、ブタやウマなどの哺乳類の胎盤から有効成分を抽出したものが中心です。
なお、かつてはウシのプラセンタが用いられていたことがありますが、狂牛病のことが問題になって以降、扱いは慎重になっています。平成30年2月に出された、厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理からの通知では、狂牛病の病原体を伝播する危険性が無視できると判断された国が原産となるウシのプラセンタに限り、使用可能とされました。

プラセンタ注射液との違い

日本国内で流通するプラセンタ注射液は、感染症などのリスクのない日本人の胎盤から抽出され、安全性を高めるための処理・精製をされたものです。

プラセンタエキスの成分

では、次にプラセンタエキスに含まれている成分を、三大栄養素を中心に説明します。
なお元となる動物が異なると、効果が異なると考えるかもしれませんが、現時点では異なる動物間での効果の違いは証明されていません。

タンパク質・酵素・成長因子・アミノ酸・ムコ多糖類

プラセンタエキスには、私たちの体を作るために必要な、タンパク質やアミノ酸が含まれています。
・タンパク質
体を作り、免疫力を高める作用が期待できる、アルブミン、グロブリンが含まれます。

・酵素
食べたものの消化や体を作り、動かすために必要な代謝に深く関係する酵素も、プラセンタエキスに含まれています。
アルカリフォスファターゼ、ヒアルロニダーゼなどが、よく知られる成分ですが、これ以外にも多くの酵素が含まれています。

・成長因子
赤ちゃんの成長に関わるプラセンタですから、そのエキスには特定の細胞の増殖や成長を促す因子を含みます。
美肌に必要な線維芽細胞増殖因子(Fibroblast Growth Factor: FGF)、肝細胞の増殖に必要な肝細胞増殖因子(Hepatocyte Growth Factor)、神経細胞の成長に関わる神経細胞成長因子(Nerve Growth Factor: NGF)などが含まれています。

・アミノ酸
アミノ酸は、細胞を作る際のタンパク質の原料にもなり、私たちの生命の維持に欠かせない成分です。
プラセンタエキスには、ロイシン、アルギニン、バリン、リジンなど、合計で20種類のアミノ酸が配合されています。

・ムコ多糖
アミノ酸とウロン酸が組み合わさって作られるムコ多糖は、細胞と細胞の周りで水分を蓄える役目を果たしています。
プラセンタエキスには、ムコ多糖の一種であり重要な美容成分のひとつであるヒアルロン酸が含まれています。

脂質・脂肪酸

脂質は、糖質、タンパク質と並ぶ、三大栄養素、脂肪酸は脂質の構成要素です。エネルギー源としてだけでなく、ホルモンの製造、脂溶性ビタミン(A、D、E)の吸収に必要となります。
プラセンタエキスには、ラウリン酸、パルミチン酸などの脂肪酸やコレステロールが含まれています。

糖質

私たちのエネルギーの元となるのが糖質です。
プラセンタエキスには、私たちの脳の活動に欠かせないグルコースの他、ガラクトースやスクロース(ショ糖)などの糖質が含まれています。

その他

他にも、私たちの体を健康な状態に維持するために必要な成分が、プラセンタエキスには含まれています。

・ビタミン
ビタミンには複数の種類があり、それぞれ異なる作用を持っています。
プラセンタエキスには、疲労回復や老化予防につながる抗酸化作用を持つことで知られる、ビタミンB1、B2、B3、Cなどが含まれています。

・核酸
ヌクレオチドとも呼ばれる核酸も、プラセンタエキスに含まれています。核酸は、美肌づくりやアレルギー予防などの効果が注目されています。

・ミネラル
ミネラルは、私たちの細胞の活動を維持するために必要な金属元素です。
プラセンタエキスには、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。

【まとめ】

プラセンタエキスに含まれる成分について、ご説明しました。
なお、日本健康・栄養食品協会(JHFA)は、「プラセンタエキス」および「プラセンタエキス純末」の安全・衛生基準を設けています。
この基準を満たしているプラセンタエキスは、原料の由来が本来や製品の安全性が確認された、安心な製品と言えますので、プラセンタエキスを購入する際は参考にするとよいのではないでしょうか。