肌荒れ予防のポイントと症状ごとのスキンケア

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

肌荒れ予防のポイントと症状ごとのスキンケア

肌がカサカサになる乾燥肌、赤みや腫れが気になるニキビや吹き出物、ちょっとした刺激でかゆみや赤みが生じる敏感肌など、肌の悩みは人それぞれです。
肌荒れを改善するためには、肌荒れが生じる原因と正しいスキンケア方法を知る必要があります。そこで今回は、肌荒れしたくない方のために、肌トラブルの原因と、予防にも役立つスキンケアを症状ごとにご紹介します。

肌荒れの症状と主な原因

肌荒れの原因は、症状により異なります。適切なスキンケアのために、症状ごとの主な原因を理解しておきましょう。

乾燥肌は水分不足や乾燥が原因

乾燥肌とは、肌の水分と皮脂が不足して、うるおいが低下した状態をいいます。乾燥肌になると、
・肌がかさつく
・入浴後に肌がつっぱる
・肌が粉をふいたような状態になる
・かゆみが生じる
など、さまざまな症状が表れるようになります。
乾燥肌と深く関係するのが、皮膚表面にある角質層です。
角質層には、肌のうるおいを保ったり、異物の侵入から肌を守ったりする働き(バリア機能)があります。
肌のターンオーバーサイクルが乱れたり、ダイエットなどで栄養不足になったりすると、バリア機能が低下して、肌の乾燥が進みやすくなります。また、エアコンなどによる空気の乾燥、紫外線によるダメージもバリア機能の低下につながります。
洗顔時に肌を強くこする、洗浄力の強いクレンジング剤を使用している、十分な保湿ケアをしていない、などといったことも、肌を傷つけて皮脂や水分を奪う結果となるため、乾燥肌をまねきやすくなります。
このような外的・内的な要因が積み重なることで、乾燥肌はどんどん悪化していきます。

ニキビ・吹き出物は毛穴づまりが原因

ニキビも吹き出物も、毛穴が詰まって炎症を起こしている状態をいいます。
若い頃にできるニキビは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まるために生じます。そのため、皮脂の分泌が活発なTゾーンにできやすいのが特徴です。
一方、大人になってからできる吹き出物は、ターンオーバーサイクルの乱れや女性ホルモンの減少などが原因で生じます。肌の新陳代謝がとどこおって角質層が硬くなると、毛穴づまりを起こしやすくなるのです。
また、肌が乾燥するとかえって皮脂の分泌量が増えるため、吹き出物ができやすくなります。そのため、吹き出物は口のまわりやあご、頬など乾燥しやすい場所にできることが多いのが特徴です。

敏感肌は乾燥や加齢が原因かも

敏感肌は、ちょっとした刺激にも肌が過敏に反応してしまう状態です。敏感肌になると、
・髪の毛や服の繊維など、ちょっとした刺激でかゆみやヒリヒリ感を覚える。
・湿疹やかぶれ、肌の赤みが生じやすい。
・ニキビや吹き出物ができやすい。
・体調変化やストレス・季節の変わり目などに症状が悪化しやすい。
といった症状が表れてきます。
敏感肌にも、肌のバリア機能の低下が大きく関与しています。また、加齢にともない肌のうるおい成分が減少することも、無視できない原因の一つです。
乾燥や肌のうるおい不足でバリア機能が低下すると、刺激を感じる神経が肌表面にまで伸びてきて外部からの刺激に反応しやすくなります。かゆみを我慢できず掻いてしまうと、肌のバリア機能がさらに低下。悪循環を繰り返すことになります。

肌荒れの予防とスキンケア

では、肌荒れの予防にも役立つスキンケアを、症状ごとにご紹介します。

乾燥肌には保湿で対応

乾燥肌の場合は、水分や油分を補い、乾燥を防ぐ保湿ケアで対応します。
クレンジングは、洗浄力の強いオイルタイプではなく、乳液タイプを使いましょう。オイルタイプは肌に必要な皮脂まで奪ってしまうため、乾燥をまねきやすくなります。
洗顔は、たっぷりの泡でやさしくなでるようにするのがコツです。ゴシゴシ洗いは、角質層を傷つけてバリア機能を低下させてしまうので要注意。熱めのお湯で洗顔するのも、肌の皮脂を取り除いてしまうためNGです。
洗顔後は、タオルでかるく押さえるようにして水分を取り去り、すぐに保湿ケアをします。化粧水をたっぷりつけたあとは、乳液やクリームなどの油分でうるおいを閉じ込めましょう。化粧品は、角質層の保水力を高めるセラミド配合のものがおすすめです。

ニキビ・吹き出物にはノンコメドコスメがおすすめ

ニキビや吹き出物は乾燥が原因で生じることもあるので、基本的なスキンケアは欠かさないようにしましょう。もっとも、洗顔のし過ぎはかえって乾燥をまねくので、おすすめできません。洗顔は、朝夕の2回だけで十分です。
ニキビも吹き出物も、毛穴づまりを予防するために古い角質をしっかり取り除くことが大切です。ピーリング作用や角質ケアのできる石鹸で、古い角質を除去。やさしく洗い流したら、しっかり保湿ケアをしてください。
化粧品は、毛穴づまりを起こしにくい「ノンコメドジェニックテスト済み」のものを利用するようにしましょう。ターンオーバーサイクルを整えるビタミンAや、毛穴の引き締め効果が期待できるビタミンC入りのコスメもおすすめです。

敏感肌にはバリア機能を整えるケアを

乾燥が進んだ敏感肌には、たっぷり保湿して肌のバリア機能を整えるケアで対応しましょう。
肌の汚れは、肌を刺激して敏感肌の症状を悪化させるおそれがあるため、たっぷりの泡でやさしく洗い流してください。もちろん、ゴシゴシ洗いや熱いお湯での洗顔は厳禁です。
スキンケアは、敏感肌用の低刺激のものを選び、やさしく肌になじませます。敏感肌でも、セラミド入りの化粧品はおすすめです。ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲン、グリセリンなどの保湿成分が配合されているものも、高い効果が期待できます。
なお、敏感肌でかゆみがツラい場合は、冷たいタオルなどで冷やすとかゆみがやわらぎます。症状がひどい場合は医療機関を受診して、かゆみや炎症をおさえる薬を処方してもらいましょう。

【まとめ】肌荒れ予防のポイントと症状ごとのスキンケア

肌荒れにはさまざまなタイプがありますが、症状により原因や対処法が若干異なります。どのような肌荒れであっても保湿ケアは欠かせませんが、症状に応じたクレンジングや洗顔料、化粧品を選ぶことで、肌トラブルを最小限におさえることは可能です。
肌荒れに悩む場合は、まず原因を見極めて日々のスキンケアを見直しましょう。症状が悪化すると、もとの状態へ戻るまでに時間がかかります。早めのケアで、肌荒れのない美しい肌を目指しましょう。