肌はなぜ乾燥する?乾燥肌の原因とおすすめのスキンケア

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

肌はなぜ乾燥する?乾燥肌の原因とおすすめのスキンケア

「スキンケアをしているのに化粧のりが悪い。」「洗顔後に肌がつっぱる。」そのような肌の悩みと深い関係があるのが、肌の乾燥です。
乾燥肌を防ぐためには日々のスキンケアが欠かせませんが、方法が誤っているとさらに症状が悪化することもあります。
そこで今回は、肌が乾燥する原因と、乾燥肌におすすめのスキンケアをご紹介します。隠れた乾燥肌をみつけるチェックリストも掲載していますので、肌トラブルに悩む方はぜひ参考にしてください。

乾燥肌の原因と主な症状

肌の乾燥に大きな影響を与えるのが、皮膚のもっとも外側にある角質層の状態です。
角質層の水分や皮脂が失われ、バリア機能が低下すると、肌が乾燥するだけではなく、かゆみをはじめとしたさまざまな症状があらわれやすくなります。

肌の乾燥にはバリア機能の低下が大きく関与

角質層には、異物の侵入や攻撃から体を守り、水分の蒸散を防ぐ「バリア」の働きがあります。このバリア機能は、以下のような要素で構成されています。

・皮脂膜
角質層表面を覆い、水分の蒸発を防ぐ。
・天然保湿因子(NMF)
角質細胞内の保湿成分。水分を蓄える働きを持つ。
・角質細胞間脂質
角質細胞同士をつなぐ油溶性のうるおい成分。代表的なものはセラミド。

それぞれ役割が異なり、欠かすことのできない要素ですが、何らかの原因でこれらの因子が減少・欠乏すると、バリア機能が低下して肌の乾燥が進みやすくなります。

バリア機能を低下させるさまざまな原因

バリア機能は、空気の乾燥や加齢のほか、間違ったスキンケアの影響などで低下することがあります。

・環境的な要因
紫外線を浴びる機会が多いと、肌の乾燥をまねきます。また、紫外線により肌がダメージを受けると、ターンオーバーサイクルが乱れやすくなるため、バリア機能の低下につながります。
汗を大量にかくのも要注意です。汗により肌のpHバランスが崩れ、一時的にバリア機能が低下することがあります。
そのほか、温度の急激な変化やエアコンなどによる空気の乾燥も、バリア機能に悪影響を与えます。

・体内部の要因
寝る時間が不規則だったり、睡眠不足だったりすると、成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。結果として、肌のターンオーバーサイクルが乱れ、バリア機能が低下することがあります。
食生活も重要です。ダイエットなどで食生活が乱れると、肌に十分な栄養が届かず、バリア機能が十分に働かなくなる可能性があります。
年齢の影響も無視できません。加齢にともない、天然保湿因子や皮脂が減少するため、バリア機能も少しずつ低下してきます。

・スキンケアの影響
不適切なスキンケアも、バリア機能を低下させる原因のひとつです。
クレンジングや洗顔の際にゴシゴシ肌をこすってしまう、熱いお湯で洗っている、といった物理的刺激で、バリア機能は低下します。
また、洗顔後すぐに保湿をしない、化粧水のみでケアを終わってしまう、といった杜撰なスキンケアも乾燥をまねき、バリア機能を低下させます。

乾燥肌の主な症状

乾燥肌になると、
・洗顔後や入浴後に肌がつっぱる。
・肌がかさつき、粉をふいたようになる。
・かゆみが出る。
などの症状があらわれてきます。
特に、もともと皮脂の分泌が少ない頬や目元、口元は乾燥にともなう症状があらわれやすい部位です。すねや膝、ひじ、足の裏も乾燥しやすい部分です。

乾燥肌を放置すると、さらに症状が進み、
・髪の毛や衣類の線維がふれただけで強いかゆみが生じる。
・細菌が侵入して皮膚炎を起こす。
・花粉やハウスダストなどによるアレルギーが起きやすくなる。
といった症状が起きることがあります。肌がひび割れたり、肌がうろこ状にぼろぼろになってしまったりすることもあるため、肌の乾燥に気が付いたら、早めに適切なケアをするようにしましょう。

ひょっとして乾燥肌?こんな症状には要注意

肌のかさつきやつっぱり感が気にならなくても、以下のような症状がある場合は乾燥肌が隠れている可能性があります。
□化粧品が肌に染みる。
□化粧品で肌が赤くなったりはれたりしたことがある。
□季節の変わり目に肌に痛みを感じたり、はれ・かぶれが生じたりすることがある。
□日光に当たったときや、急に寒くなったときに湿疹が出る。
□肌が乾燥すると、かゆみが出やすい。
□湿疹が出やすい。
これらはいずれも、肌のバリア機能が低下しているサインです。心あたりがある場合は日常生活を見直し、顔だけではなく全身の保湿を心がけるようにしましょう。

乾燥肌の人におすすめのスキンケア

次は、乾燥肌の方におすすめのスキンケアを場面ごとに紹介します。

クレンジング&洗顔

クレンジングは、乳液タイプのものがおすすめです。摩擦を防ぐため、極力こすらないようにするのがコツです。
オイルタイプはメイクを落とす力が強いですが、皮脂を奪う力も強いため、肌の乾燥をまねきやすくなります。
洗顔は、朝夕2回にとどめましょう。洗顔料をしっかり泡立て、泡のクッションでやさしく洗います。すすぎで泡をきれいに洗い流し、タオルを押し付けるようにして水気をとってください。
なお、すすぎの水の温度は、クレンジング時はメイクの油性汚れが落ちやすくなる36度くらい、洗顔時は酸化した皮脂汚れが落とせる32度くらいが良いとされています。温度が低すぎると汚れが落ちず、高温すぎると角質層のセラミドや天然保湿因子まで洗い流されてしまうので、注意しましょう。

保湿ケア

洗顔後やお風呂上りは、できるだけ早く、可能であれば5分以内に保湿ケアをしましょう。
基礎化粧品は、セラミドなど保湿力の高い成分を含むものがおすすめです。化粧水でたっぷり水分を補った後は、乳液やクリームなどで蓋をして水分が逃げないようにしましょう。
外出時やメイクをしているときの保湿は、ミスト状の化粧水がおすすめです。軽くスプレーして、手のひらで抑えるように浸透させましょう。

ボディケア

ボディは、顔以上に皮脂が少なく乾燥しやすいため、きちんとしたケアが必要です。特に、入浴後の保湿ケアは必須です。
タオルで水気をやさしく取り除いたら、保湿に特化したクリームをやさしく塗りましょう。美白成分などの入っているものは、乾燥をまねきやすいのでおすすめできません。
また、クリームを肌に強く擦り込むのはNGです。クリームを肌にのせ、横方向(背中であれば背骨と直角に交わる方向、腕や脚であれば、床と並行方向)に塗ると、ムラなくきれいに塗れます。
なお、ボディクリームは翌朝までしっとり感が続くものがおすすめです。着け心地が良いものであっても、保湿効果が長続きしないものでは十分な効果が期待できません。

【まとめ】肌はなぜ乾燥する?乾燥肌の原因とおすすめのスキンケア

乾燥肌には、肌が本来持つバリア機能の低下が関与しています。生活習慣や誤ったスキンケアが乾燥の原因になる場合もあります。
普段乾燥が気にならなくても、いつの間にかバリア機能が低下していることがあるので、正しい保湿ケアを欠かさないようにしましょう。
なお、保湿ケアをしても症状が改善しない場合や、ケアができないほど肌の状態が悪い場合は、医療機関を受診するのがおすすめです。
適切な施術やケアで、健やかな肌を維持しましょう。