セルフのダーマペンで失敗!医師がおすすめしない理由

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

セルフのダーマペンで失敗!医師がおすすめしない理由

ダーマペンとは、33Gという細い針を使って、「あえて」肌に傷をつけることで、肌の内側からもっている修復力を促す治療です。
コラーゲンやエラスチンなど、肌の基盤となる成分を生産するのを助けるとともに、美容成分を注入することで、肌の奥まで浸透させることができます。
本来なら、細い針を使うとは言え、肌に傷をつける行為を「あえてしている」ため、期待した肌再生力をうながすためには、デリケートなケアが必要です。そのため、医療行為に準じるものとして、クリニックで十分、リスクを考えた上で施術をおこなっていただいた方がよいことは言うまでもありません。
しかし、どうしても十分な肌の管理をおこなう必要があるため、治療費が高くなることは否めません。それを嫌って、「自分でダーマペンをすればよいのでは?」という方もいるようです。
たしかに、セルフでダーマペンを行った方が、自分の好きな場所を気兼ねなく施術することができますし、値段も安くすみそうです。しかし、ダーマペンを行ったあとのケアは十分できるのかが気になりますよね。
セルフで行うダーマペンとクリニックで行うダーマペン、いったい何が違うのでしょうか。今回は、セルフダーマペンの危険性について解説していきます。

セルフダーマペンとクリニックでのダーマペンとの違い

~セルフでダーマペンを使用しないほうがよい理由4選~

①セルフダーマペンだと、ダーマペン以外の準備も多く必要

「自分でダーマペンをやってみよう」といっても、機械があればすぐできるものではありません。
麻酔クリームや十分な消毒も前もって必要ですし、アフターケアのための準備も必要です。針を刺すのは、そんなに時間がかかりませんが、そのあとのアフターケアも考えると、非常に大きな時間をとられます。
動画や記事をみながら、なんとか器具も揃えられるかもしれません。しかし、専門家のバックアップもなく、すべて自分で準備もして手順も覚えなくてはいけない、というのは相当なプレッシャーではないでしょうか。

②セルフダーマペンだと、クリニックでのダーマペンと手技自体に差がでてくる

ダーマペンは、肌の調子や部位・痛みの程度などによって、針の長さなどを調節する必要があります。自分自身でダーマペンを行うと、(これはしかたないことだと思いますが)、どうしても痛みの程度を優先してしまったり、肌の調子を十分理解しないまま行ってしまったりして、ダーマペンを適切に調節することができなくなります。
クリニックでダーマペンを行うと、その点非常に多くの患者様の肌の状態を確認してから施術を行っています。さらにダーマペンの使用経験も豊富なため、ダーマペンの手技の正確さが違ってきます。

③ダーマペンを行った後の管理も、自分で行わなくてはならない。

ダーマペンを行う上で、手技と同じくらい重要なのが、「アウターケア」です。特に、腫れがひどくなってきたときに、他の皮膚科で診察しても、クリニックによってはダーマペン手技後の皮膚の状態を知らない医師もいます。
そのため、自分自身で皮膚ケアを行う必要がありますが、セルフで行うには限界があり、専門的な知識が必要な場合もあるでしょう。
セルフでダーマペンを行う場合は、こうした肌トラブルが起きた場合の十分な知識も必要になってきます。

④ダーマペンを行ったことによる責任も、全部自分に返ってくる。

クリニックでダーマペンを行った場合は、もちろんダーマペンでの肌トラブルに関する責任はクリニックにあります。もちろん、クリニックで手に負えない場合は、連携している病院などと連携することもあるかもしれませんが、ある意味「肌トラブルについての保証」もついているといっても過言ではないでしょう。
しかし、セルフでダーマペンを行う場合は、当然「自己責任」です。もしも肌トラブルがおこって、トラブルの対処に難渋してしまったとしても、「自己責任」になってしまいます。
もちろん、皮膚科に相談すれば対処はしてくれるでしょう。しかし、どうしても「自分でやってしまったことだから」という点はまぬがれません。ご自身のお肌はひとつしかありません。「安くすませられるから」という理由でダーマペンをセルフで行って失敗したときのリスクは、とても大きいでしょう。

【まとめ】「セルフのダーマペンで失敗!医師がおすすめしない理由」

セルフダーマペンの危険性を中心に、お話させていただきました。
セルフダーマペンは、気軽で安い印象があるかもしれません。しかし、ダーマペン自体、「あえて」お肌に傷をつける、個人でやるには「リスクの高い」治療であると言わざるを得ません。
クリニックでは、ダーマペンのリスクを最小限に抑えるための、経験と知恵と技術があります。また、それでもトラブルが行ったときの対処法も十分持ち合わせています。
一生に1sつしかないご自身のお肌を大切に思うなら、クリニックでのダーマペンをお勧めいたします。