レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いを解説

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いを解説

女性の代表的なお悩みのひとつである「シミ」ですが、技術が進歩する上で治療の選択肢が増えてきました。

その中でも美容医療を中心に行われているのが「フォトフェイシャル」と「レーザートーニング」です。
どちらも「なんとなく光を使っているのかな」くらいで似ているように見えますね。
しかし、実は2つの治療方法はまったく異なる技術であり、対応する肌や患者さんの状態もまったく違います。
クリニックごとで得意な技術が違いますので、ある程度は2つの違いを知っておいた方が、治療する前に「自分にあっているか」が納得できるでしょう。
今回は、「レーザートーニング」と「フォトフェイシャル」。シミに対するその2つの治療方法の違いについて、詳しくみていきます。

フォトフェイシャルとはなにか

フォトフェイシャルとは、「光治療」といわれ、肌に有効な波長の白色光をあてていくことで、肌の再生を促し、肌のシミをとっていく治療法のことです。
たとえていうなら、「写真のフラッシュを強力にして肌にあてていく」治療法になります。そして、光エネルギーが熱エネルギーに変換されて、肌に影響を与えていきます。
使用する光は、IPL(Intense Pulsed Light : 増強パルス光)という光です。レーザー治療では、決まった波長を増幅してエネルギー出力をあげますが、フォトフェイシャルでは、いろいろな波長の光を同時に肌にあてていきます。ですので、肌に対してピンポイントに効くのではなく、肌全体にエネルギーがジワーっと全体的に吸収されるのが特徴です。
したがって、肌へのダメージが少ない分、ある特定の効果を狙うというよりは「全体的な肌の質を整える」治療法になります。もちろん、その中でも光の中心的な波長を選択することはできますので、例えば「シミに効かせたい」場合は、そのシミを消すためにメラニン色素に吸収されるような波長を選択することはできます。

レーザートーニングとはなにか

一方、レーザートーニングは、レーザー治療ですので、先ほど言った通り、「この部分へのシミに効かせたい」なら、そのシミのメラニン色素をなくすのにあった波長を選択し、波長を増幅して肌にあてていくため、狙った効果を出しやすいという特徴があります。
また、レーザートーニングの場合、肌へのダメージを抑えながら均一に照射していき、回数を重ねていくことで狙った効果を出していく治療法になります。ですので、肌のダメージを極力抑えながら、比較的深いところにある肝斑や雀卵斑(そばかす)などにもエネルギーを効率的に届けていきます。

フォトフェイシャルとレーザートーニングの違い

フォトフェイシャルとレーザートーニングの違いを、よく比較検討される内容の効果、ダウンタイム、費用、通院回数などの面でみていきます。

その①:肌に対する効果の違い

フォトフェイシャルでは、幅広い波長の光をあてていくので、その中心となる波長を変えることで、肌への効果をある程度選択できますが、よくも悪くもエネルギーが分散されて肌に吸収されます。
いろいろな波長の光が当てられるので、複数の効果を同時に出すのもある程度認められる可能性がありますし、「そこの部分を治したい」という波長に関しては、全体のバランスを考えながら出力を決めますので、どうしても弱くなりがちになります。
いってしまえば、「肌質を整えて、ゆっくり治療していく」という感じです。
レーザートーニングは、治したい部分の波長に合わせて、そのエネルギーを増幅して均一に照射するため、回数はかさみますが、「治したい部分を肌のダメージを抑えながら治していく」治療法になります。

その②:ダウンタイムの違い

光治療には、単一の波長を増幅させることはなく、全体的にジワーっと聞かせるため、肌へのダメージは非常に少ないです。そのため、若干の熱感や赤みはでますが、肌が正常に戻るための時間(ダウンタイム)はほとんど必要ありません。
シミやそばかすの部分は、あとからかさぶたのようになってきて、1週間くらいではがれおちることがありますが、一時的なもので元に戻ってきます。
ただ、全体的に刺激されますので、保湿はしっかりしたほうがよいでしょう。
それに対して、レーザートーニングでは、単一のレーザーを増幅して当てますので、ほてり感や赤みはでてきます。肌への刺激は弱く設定されておりますので、輪ゴムで軽くはじかれた程度の痛みはあります。しかし、肌への刺激は極力少なくするよう設定されておりますので、ダウンタイムはほとんど必要なく、当日からシャワーもメイクもできるようになっています。

その③:費用の違い

フォトフェイシャルもレーザートーニングの費用も、施術を受けられるクリニックや、施術を希望される部位、光治療やレーザーの照射範囲の広さなどによって費用に大きな幅があります。
目安としては、顔全体で施術される場合、レーザートーニングの場合、1回8,000円~40,000円くらい、フォトフェイシャルも1回10,000円~50,000円くらいが相場感です。1回あたりの施術時間はどちらも10分から15分くらいになります。
大体、レーザートーニングもフォトフェイシャルも5回から10回くらいが治療回数の目安になりますので、金額に関しては大きな差はありません。

【まとめ】レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いを解説

今回は、フォトフェイシャルとレーザートーニングを比較しながら、それぞれの特徴について解説していきました。似通っている点は多いですが、そもそも2つは目的も、治療対象となる肌の状態も違います。
施術の前に一度、肌の状態を確認してもらって、どちらの治療方法がよいか相談してみるのもよいでしょう。
当院でも、専門のスタッフがお肌の状態や適切な治療方法を含めて、丁寧に対応させていただきますので、お気軽に相談してください。