アートメイクのダウンタイムはどのくらい?期間中の注意点を部位別に解説

アートメイクのダウンタイムはどのくらい?期間中の注意点を部位別に解説

最先端の医療技術で、自然でナチュラルな毛並みや肌に見せることができる「アートメイク」。
タトゥーと違って、永久に残らず気軽にメンテナンスもしやすく、ライフスタイルに合わせやすいということで、芸能人やモデルの方々だけでなく、美を追求する多くの女性に支持されています。
しかし、「アートメイクをやってみたい!」と思っても、仕事や生活に支障がでるのではないか、思ったよりアートメイクの痛みなどが残ってしまうのではないか、と不安になる方も多いです。
この記事では、アートメイクのダウンタイムにずばりお答えしながら、部位別のケア方法や注意点についても、わかりやすく解説していきます。
この記事を読むことで、アートメイクのダウンタイムについて理解でき、下記のような疑問や悩みを解決します。

  • アートメイク後の部位別のダウンタイムの目安
  • アートメイク施術後の部位別のアフターケアと注意点

アートメイクのダウンタイムとは

アートメイクのダウンタイムは、個人差があるものの一般的には1週間程度から長くても2週間です。
アートメイクは、皮膚に超極細針を刺して色素を注入する医療技術です。そのためアートメイクでのダメージは最小限であるものの、施術後の皮膚は傷がついている状態となります。
アートメイクのダウンタイムとは、アートメイクによるダメージが引くまでの大切な期間です。ダウンタイムの間は、なるべく日光にあたらないようにしたり、肌を刺激する行為などは控えなければなりません。

アートメイクの部位別のダウンタイムとアフターケアについて

しかし、一概に「アートメイクのダウンタイム=1週間から2週間」というわけではありません。肌の状態や部位によって、アートメイクのダウンタイムは大きく異なります。
それでは、部位別にみたアートメイクのダウンタイムを見ていきましょう。

アイラインのアートメイクのダウンタイムとアフターケアについて

アイラインのアートメイクのダウンタイムは、2週間前後かかります。
アイラインの肌は非常に薄く繊細な上、さまざまな刺激に敏感です。実際にダウンタイム中の腫れや赤みが出たり、目の周囲のかゆみに気をつける必要があります。
アイラインのアートメイク後のポイントは、なるべく目の周りを濡らしたり触ったりしないこと。
特に花粉が飛んでいる時期には、アイライン周囲はかぶれやすいので注意が必要です。また汗や日光の刺激にも気をつけて。なるべくつばの広い帽子をかぶったり、サングラスをつけるとよいでしょう。
施術部位の腫れが強いときは、寝るときに枕を高くすると腫れを最小限にすることができます。また、3〜4日程度はコンタクトの装用を控えましょう。

眉毛のアートメイクのダウンタイムとアフターケアについて

眉毛のアートメイクのダウンタイムは、1〜2週間程度です。
ダウンタイム中は、眉周辺に赤みやかゆみが現れることがありますが、眉毛周辺は皮膚が比較的厚く、副反応として強く出にくい傾向にあります。
ただし、もともと肌が敏感な方は、眉毛のアートメイクでも反応が強くでてしまうこともあります。そのため敏感肌の方は、ダウンタイム中は保湿をしっかり行うようにしましょう。
また、色素が定着するまでの1週間程度はなるべく眉を濡らさないようにし、日光や汗にも気をつけましょう。
副反応が強くでてきてしまった場合、眉周辺の色素が濃くでやすくなることにも注意しましょう。

ヘアラインのアートメイクのダウンタイムとアフターケアについて

ヘアラインのアートメイクによるダウンタイムは、1〜2週間程度になります。
ヘアラインは髪が触れやすいため、皮膚は厚く、副反応として強く出にくい反面、刺激されやすい箇所です。ダウンタイム中は、ちょっとした刺激でヘアラインを中心に赤み、かゆみが現れることがあります。
ヘアラインのアートメイクによるダウンタイムのポイントは洗髪です。
洗髪や洗顔の際は、ヘアバンドでカバーするなどして色素が流れないようにしましょう。また洗髪中はなるべく施術部位を濡らさないようにし、髪がなるべくアートメイクの場所に触れないように注意しましょう。

リップのアートメイクのダウンタイムとアフターケアについて

リップのアートメイクによるダウンタイムは、1週間程度です。
リップは皮膚が非常に薄く繊細ですが、血流が豊富なため治りやすい部位でもあります。
リップのアートメイクによるダウンタイム中のポイントは、口唇炎と口唇ヘルペスです。
口唇炎は、市販のリップクリームの刺激でも起こります。ダウンタイム中は、ワセリンなどの低刺激な保湿剤でしっかりと保湿することが大切です。
口唇ヘルペスは唇周辺の水ぶくれになる疾患で、ピリピリと痛みが出るのが特徴です。唇周りに水ぶくれが出たら、早めに担当医師に相談するようにしましょう。

【まとめ】アートメイクのダウンタイムはどのくらい?期間中の注意点を部位別に解説

アートメイクのダウンタイムとアフターケアについて、部位別に解説していきました。
この記事では、下記のようなことが分かったのではないでしょうか。

  • アートメイクのダウンタイムは、一般的に1週間から2週間が目安
  • アートメイクのダウンタイムは部位によって異なり、アフターケアの方法も異なる
  • ダウンタイム中は日光や汗など、肌の刺激になりそうなことはなるべく避けることが基本になる

アートメイクのダウンタイムとアフターケアについて、ご不安な点がありましたら、ぜひ当院の担当医師・スタッフにご相談ください。丁寧にカウンセリングさせていただきます。

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。