ニキビ跡にダーマペンは効果がある?

ニキビ跡にダーマペンは効果がある?

ニキビができ、そしてニキビを潰してしまっていた方のなかには、ニキビの傷跡がなかなか消えずに残っている方がおられるかもしれません。
ニキビをつぶすと、皮膚の内側からダメージを受け、何十年も傷跡が残ってしまいます。頑固なニキビ跡を解消するためには、高度な医療技術と知識を必要とし、選択肢も複数あります。
そのうちのひとつにダーマペンがあります。
このコラムでは、ニキビ跡とは何か、そしてダーマペンの治療がニキビ跡にどのように役立つかについてご説明いたします。

ニキビ跡とは?

ニキビ跡は、ニキビができたところに機械的な刺激が加わって傷になり、その傷が修復する過程でできたものです。
ニキビ跡には、主に2つの形態があります。
皮膚の表面がくぼんでできるニキビ跡と、皮膚の表面が盛り上がってできるニキビ跡です。ニキビ跡がある場合、このどちらかである可能性が高いです。

萎縮性瘢痕または陥没性瘢痕

ニキビができ、さらにそこに感染が生じ炎症が起こると、炎症を抑えるために集まる白血球の働きにより、周辺の組織がさらに傷つくことがあります。傷ついた皮膚は元の状態に修復しようとしますが、炎症が発生した後の皮膚では、傷の修復に必要なコラーゲンが不足し、十分な修復を行うことが困難となる場合があります。
そのため、不足したコラーゲンを補うために周辺組織が互いに強固につなぎ合うようになり、その結果コラーゲンが不足した部分にひきつれを起こし、クレーターのように表面のくぼみとなってしまうのです。
このようにしてできたニキビ跡は、皮膚の表面が萎縮したようにみえ、陥没して見えることから萎縮性瘢痕、または陥没性瘢痕とも呼ばれます。

肥厚性瘢痕またはケロイド瘢痕

もうひとつのタイプのニキビ跡は、瘢痕組織が皮膚から盛り上がっている状態のものです。
皮膚は、ニキビによってできた傷を治すために、修復繊維であるコラーゲンを作りますが、コラーゲンを作りすぎてしまうと、盛り上がった傷跡が出来てしまうのです。
肥厚性瘢痕は通常、胸、背中、肩、顎のラインなどにできやすいことが知られています。またケロイドができやすい体質は遺伝的な要素もあるため、家族にケロイドができやすい人がいると、ニキビ跡がケロイドのように肥厚した傷跡になってしまう可能性が高くなります。

ダーマペンがニキビ跡の改善にどのように役立つか?

ニキビ跡は治療が可能で、ダーマペンがニキビ跡の治療に使えることがあります。次にダーマペンがニキビ跡の改善にどのように役立っているのか、解説します。

ダーマペンがニキビ跡の改善に役立つ理由

ダーマペンの治療では、マイクロニードルと呼ばれる非常に細い針を用いて、皮膚の内側に傷をつけます。私たちの体は、このようにしてできた小さな傷を修復するために、コラーゲンの産生を増加させます。このコラーゲンの産生が、皮膚の修復につながります。
ダーマペンは、皮膚自身が持つコラーゲンによる自然治癒力を高めると言っても良いでしょう。
ニキビ跡の瘢痕組織もコラーゲンでできていますが、その組成は全く異なります。健康な皮膚組織は、コラーゲンが「かごの編み目」のようになっていますが、瘢痕組織のコラーゲンは、コラーゲンの走行が均一になる特徴があります。
ニキビ跡の瘢痕組織にダーマペンを使用すると、瘢痕組織のコラーゲンが健康的なコラーゲン繊維に置き換わるため、傷跡の解消につながっているのです。

ダーマペンが効果を発揮するニキビ跡のタイプ

ダーマペンは、萎縮性瘢痕または陥没性瘢痕、つまりくぼみのあるニキビ跡には効果的です。
しかし、肥厚性瘢痕またはケロイド瘢痕、つまり盛り上がったニキビ跡への効果はあまり期待できない可能性があります。なぜなら、ケロイド状の瘢痕には、すでに過剰なコラーゲンが存在しているからです。
ただすべてのケロイド瘢痕に効果がないわけではありませんので、医師の評価を受けてから、施術を受けるのかを決めるのがよいでしょう。

ダーマペンの効果を感じるまでの期間

ダーマペンの施術回数は、傷跡の深さによって異なります。
通常であれば施術後6週間ほどで効果が出始めますが、完全な効果は3ヶ月ほど経過をして実感できるようになるでしょう。なお重症の場合は、5~6ヶ月の間に少なくとも5~6回の施術が必要です。
そして、ダーマペンの効果を最大化するために、バランスの取れた食事とストレスのかからない健康的な生活を送ることが大切です。

ニキビ跡をダーマペンで治療する際のリスク

ダーマペンよる施術には、軽度の副作用を伴うことが予想されます。軽いものですと、皮膚の発赤、皮下出血、炎症などです。しかし、これらは起こったとしても数日以内に改善されます。
注意する必要があるのが、炎症を起こしたニキビです。炎症を起こしているニキビやニキビ跡にダーマペンの施術をしてしまうと、ニキビが悪化してしまったり、ニキビ跡が増えてしまう恐れがあるからです。したがって、皮膚の赤みがある場合には、ダーマペンによる施術を控えた方がよいでしょう。
なおダーマペンの施術後、最初の数日間は、直射日光への露出や厳しい運動は避けることが望ましいでしょう。また、角質除去剤やアルコール系のスキンケア用品も副作用を悪化させる可能性があるので、避けた方がよいでしょう。

【まとめ】ニキビ跡にダーマペンは効果がある?

ニキビ跡に対するダーマペンの効果について、下記の流れでご説明しました。
・ニキビ跡にはいくつかの種類がある
・ダーマペンでニキビ跡が改善するメカニズム
・ダーマペンで改善が期待できるニキビ跡とできないニキビ跡がある
・ダーマペンの効果とリスク
ニキビ跡は治らないと思い込んでいる方にとっては、ダーマペンで跡が改善することは、まさに朗報ではないでしょうか。
ぜひ積年の悩みから解放されるために、ダーマペンを扱うクリニックにご相談ください。

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。