ケミカルピーリングのニキビに対する効果について

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

ケミカルピーリングのニキビに対する効果について

ニキビの治療を受けていると、ケミカルピーリングという言葉を目にしたことがある方もおられるのではないかと思います。
これはどのようなものを意味しているのでしょうか?
そこで今回の記事では、ケミカルピーリングの意味、具体的方法や注意点、またケミカルピーリングの効果などについてご紹介します。

ケミカルピーリングについて

まず、ケミカルピーリングとは何か、どのような作用があるのか、そしてケミカルピーリングの注意点をご説明します。

ケミカルピーリングとは何か?

ケミカルは「化学」、ピーリングは「皮をむく」ことを指します。
つまりケミカルピーリングとは、何らかの化学薬品を皮膚に塗って膜状にし、その後その膜を取り除くことで皮膚表面に付着している不要物を除去する治療法の総称です。
使用する化学物質の成分や濃度により、皮膚表面からどの程度の深さまで除去するかが決まります。
化学薬品を使いますので、人体への影響を配慮し、安全に利用するためにはしっかりとガイドラインに基づいた治療方法を選択することが重要です。

ケミカルピーリングは、なぜ効果が現れるのか?

ケミカルピーリングは、皮膚の表面に近い物質を取り除くことができます。
したがって、皮脂が毛穴に詰まったニキビでは、毛穴を詰めている皮脂などを取り除くことができ、毛穴を開くことが可能になります。
毛穴を開くことができれば、ニキビの原因は取り除かれ、結果的にニキビの治療につながります。
なお、治療効果はすぐにみられることもありますし、数回繰り返すうちに認められることもあります。

ケミカルピーリングの治療で注意すべきことはあるか?

ケミカルピーリングは、皮膚の表面に傷や湿疹があると、実施できない可能性があります。これは、使用するケミカルが傷口などから皮膚内に深く浸透し、皮膚に想定以上の影響を及ぼす可能性があるからです。
また、使用する化学物質に対する過敏反応が生じるかもしれません。
さらに、治療目的とはいえ皮膚の表面の角質を除去することになりますので、肌が乾燥しやすくなり、紫外線の影響を受けやすくなります。したがって、ケミカルピーリングを受けた後は、普段よりも意識して保湿し、直射日光を避けた上でサンスクリーンを利用する必要があります。

ケミカルピーリングのニキビに対する効果について

では次に、ケミカルピーリングのニキビ治療における効果について説明します。

ケミカルピーリングの治療を受けるべき人はどんな人?

ニキビの治療に関する最新の科学的根拠を集めて作られた、尋常性痤瘡治療ガイドライン2017では、面皰(初期段階のニキビ)や炎症を伴うニキビには、ケミカルピーリングを治療のひとつの選択肢として推奨しています。
しかし、ニキビの跡である瘢痕には推奨されていない治療法です。
つまり、初期のニキビから赤く腫れたニキビまで、治療の対象として考えられています。
ただし他の治療が無効である、あるいは実施できない事情がある場合に選択肢として考えること、また保険適応外であることが、注意事項として挙げられています。

ケミカルピーリングは具体的にどのように行うのか?

国内で使用されているケミカルピーリングには、グリコール酸、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノール、トリクロロ酢酸、乳酸などが知られています。それぞれ酸性の化学物質ですが、強度が異なります。
実際には、これらのケミカルが含まれた液体を皮膚のうえに塗り、数分間放置します。その後、薄く張った膜状のケミカルを取り除きます。塗布するケミカルの種類や濃度は、肌の状態や治療目的に応じて選択します。
ニキビに対しては、グリコール酸、サリチル酸マクロゴール、乳酸あたりがよく利用されています。
なお放置している間、少し肌がチクチクと痛むことがありますが、我慢できないほど痛みが出ることはありません。施術後、肌が乾燥することや、赤みが出でることがありますが、通常は数日以内に治ります。
なお通常は、この治療を数週間おきに繰り返すうちに効果が認められるようになります。

ケミカルピーリングでどのような効果がみられるのか?

ケミカルピーリングの治療効果について、日本国内でも研究が行われています。
例えば、中等度の顔面ニキビがある26人の日本人に対し、顔面の片側にグリコール酸を用いたケミカルピーリングを行い、もう片側にはプラセボ(有効成分を含まないが同じように見える液体)を塗る治療を、2週間おきに5回行った研究があります。
この研究によると、グリコール酸を用いた側のニキビは、プラセボ側に比べて有意にニキビの数が減少していました。また、炎症のない面皰(初期段階のニキビ)のニキビの方が、炎症を起こしたニキビよりも、よい成果が認められていました。

(出典:Kaminaka C, et al. Clinical evaluation of glycolic acid chemical peeling in patients with acne vulgaris: a randomized, double-blind, placebo-controlled, split-face comparative study, Dermatol Surg, 2014; 40: 314–22. doi: 10.1111/dsu.12417)

なおサリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリングでも、同様の効果を認めていました。
これらの報告から、国内で一般的に使用されているケミカルピーリングについてはある程度の治療効果があり、しかも概ね治療を開始してから8週後あたりから効果がみられるようになることもわかりました。

【まとめ】ケミカルピーリングのニキビに対する効果について

ケミカルピーリングのニキビに対する効果について説明しました。
残念ながら、ニキビに対するケミカルピーリングは保険適応外の治療方法になりますので、医療機関によって費用が変わってきます。また、いきなりケミカルピーリングを試すよりは、他の治療法を行うことが一般的とされています。
ニキビの治療を受けていても、なかなか思うような効果が得られないときには、治療方法の選択肢のひとつとして、ケミカルピーリングを考えていただくのがよいでしょう。