背中ニキビの原因・ケア・症状・予防について

背中ニキビの原因・ケア・症状・予防について

背中は見えづらく、ケアがおろそかになりがちなパーツ。
さらに背中は皮脂と汗の分泌が盛んで蒸れやすいため、トラブルが起こりやすい場所でもあるのです。
見えにくい背中だからこそ、一度ニキビができてしまうと治りにくく悪化しやすい傾向にあります。また、背中ニキビは再発を繰り返してしまう厄介なものです。この機会にその原因やケアの仕方、予防法について知っておきましょう。

背中ニキビの症状は?

毛穴が皮脂や汚れなどで、ふさがれることによって発生するのがニキビです。
ニキビというと、顔にできるニキビと同じかな?と思われがちですが、背中ニキビを引き起こす菌には顔のニキビの原因とは異なる菌が存在します。そのため症状やケアの仕方も異なることがあるのです。
背中にできるニキビは原因菌によって特徴が異なるので、まずはどのような症状が現れるのか確認しましょう。

背中ニキビの厄介な症状とは?

背中ニキビは年齢や性別にかかわらず、どなたにもできうるニキビです。
皮脂の分泌が盛んな思春期だから背中にニキビができやすいというわけではないのです。では、背中にできるニキビにはどのような症状があるのでしょうか。
背中ニキビの原因となる菌にはさまざまな種類があります。代表的な菌は、顔にできるニキビの原因となるアクネ菌です。アクネ菌は常在菌という元々皮膚に存在している細菌です。
毛穴に皮脂や汚れ、古くなった角質などが詰まると毛穴の内部でアクネ菌や雑菌などが繁殖し炎症を起こします。そこから赤く腫れたニキビや、白、黄色の膿がたまったニキビなどへと発展していきます。
ニキビの大きさは大きいものや小さいものなどさまざまで、ポツポツと不規則に発症します。赤く腫れあがり、かゆみや痛みを伴うこともあります。さらに悪化すると皮膚に凹凸ができたり、黒ずみが残ったりと肌のなめらかさが失われ、跡が残ってしまう傾向があります。

顔のニキビと違う!背中ニキビの特徴

背中ニキビにはアクネ菌によるニキビのほかに、マラセチア菌というカビの一種である真菌によるニキビができることがあります。
マラセチア菌もアクネ菌と同じ常在菌で、皮脂などの脂分を好みます。そのため、皮脂分泌が盛んになると繁殖しやすくなります。
マラセチア菌が毛穴から侵入すると皮膚に炎症を引き起こし、マラセチア毛包炎を発症します。このマラセチア菌によるニキビの特徴は、アクネ菌によるニキビよりも小さく、大きさは均一です。また、赤いブツブツとしたものが広範囲に点在するようにできていきます。
痛みやかゆみがほとんどないので、ニキビができても気づきにくく、ケアが遅れてしまいがちです。アクネ菌のように自然に治ることがないので、専門的なケアが必要になります。
治りにくく症状が長引く場合は、マラセチア毛包炎の恐れがあるので医療機関へ相談してみましょう。

知っておこう!背中ニキビの原因とケア

背中ニキビを引き起こす菌と症状を理解したところで、背中ニキビができやすい原因とそのケアの仕方を確認しておきましょう。

皮脂や汗、汚れ

背中は皮脂の分泌が盛んなパーツです。
汗もかきやすく、一日中衣服によって覆われているため通気性が悪く蒸れやすい状態です。そのため、毛穴に皮脂や汚れ、汗などが詰まりやすくニキビができやすくなります。
手の届きにくいパーツですが、1日1回を目安にしっかり泡立てた泡でやさしくなでるように洗いましょう。綿などのやわらかい素材で、なでるように洗うのもおすすめです。
しかし、汚れを無理に落とそうとナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけてしまい、乾燥しやすくなったり、傷ついた箇所から雑菌が侵入しやすくなってしまうので、ニキビケアとしては逆効果です。
やさしく丁寧に洗うように心がけましょう。

すすぎ残し

マラセチア菌は脂分を好む菌なので、オイル成分を含んだシャンプーやリンスなどのすすぎ残しは格好のエサとなります。また、すすぎ残しは毛穴のつまりを引き起こしやすいので、入浴の際は最後にしっかり背中を流すようにしましょう。

外部刺激

衣類による摩擦が背中ニキビを刺激して悪化を招くことがあります。また、衣類の素材によっては、皮膚そのものやできてしまったニキビに刺激を与えることになるので、肌に密着する下着などは、通気性が高く、肌触りのよい素材のものを選ぶようにしましょう。
もし背中ニキビの原因がマラセチア菌である場合、オイルが含まれたクリームや洗剤類でケアをするのは控えましょう。背中ニキビの原因菌であるマラセチア菌はオイルを好むので、オイルを含まない石鹸やクリームを使ったり、専用のケア用品でケアしたりすることが大切です。

不規則な生活習慣

睡眠不足や食生活の偏り、ストレスなどによる健康状態の悪化が、ニキビの原因となる菌を増殖させてしまうことにつながります。また、不規則な生活によって免疫力が低下しストレスが増えると、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが増加します。男性ホルモンが増えると皮脂分泌が盛んになり、毛穴が詰まりやすくなるのです。
さらに皮膚のターンオーバーのサイクルも狂ってしまうため、古い角質が排出されづらくなり、ニキビができやすい肌状態に陥ってしまうのです。生活習慣の改善は健康だけでなく、背中のニキビケアにも欠かせない重要な要素でもあります。

背中ニキビを予防するためにできること

背中ニキビは、一度できてしまうと治りにくく、発症を繰り返してしまう厄介なもの。だからこそ、背中ニキビにならないことが重要です。
背中ニキビは日常のちょっとしたことを心がけることで防ぐことができます。背中ニキビができにくい環境や健康状態を整えて、なめらかな背中を維持しましょう。

衣服や寝具を清潔に保つ

春から夏に向けて発症しやすく、悪化しやすいのが背中ニキビです。
肌に直接触れる下着などの衣服は、汗をよく吸い取り清潔なものを身につけましょう。汗をかいたらこまめにふき取ることも予防につながります。また、ナイロンなどの化学繊維のものより、綿などの天然で吸湿性の高い素材であれば蒸れにくく通気性がよいのでおすすめです。
人間は一般的に一晩でコップ1杯程度の汗をかくといわれています。衣服だけでなく寝具もこまめに洗濯して清潔な状態に保つことも大切です。

入浴の仕方を工夫する

シャンプーの際ちょっとしたことに気をつけるだけで、背中ニキビを予防することができます。
髪の毛が長い場合は、背中に髪を垂らさないようにし、できれば前かがみで洗うようにします。もちろんすすぎの際も前かがみで行いましょう。こうすることで、シャンプーやリンスなどが背中に付着するのを防ぐだけでなく、すすぎ残しも気にせずに済みます。
洗髪の後は、タオルを巻くなどして髪の毛が背中につかないよう徹底しましょう。
背中は洗いにくい場所だからこそ、身体を洗う順番も工夫してみましょう。まずは洗髪し、洗顔、上半身、下半身と身体の上部から下部に向かって洗うようにします。こうすることで背中にシャンプーやトリートメントが付着してしまっても、しっかり洗い流すことができます。洗い残しによる洗剤やトリートメントは、背中の毛穴に詰まりニキビの原因になってしまうので、すすぎはシャワーなどで十分に行いましょう。

低刺激な洗剤や柔軟剤に変える

衣服などを洗う洗剤や柔軟剤は、低刺激で肌にやさしいものを選ぶようにします。
洗剤類がそもそも肌に合っていない場合、皮膚に刺激を与え続けてしまいニキビができやすい環境を作っている恐れがあります。
背中ニキビがなかなか治らない、すぐに再発してしまうなら、使っている洗剤や柔軟剤を一度見直してみましょう。

規則正しい生活を心がける

背中ニキビを予防するには、生活習慣やストレスとの付き合い方などを見直し、改善することも大切です。
栄養バランスのとれた食事をとるように意識して、できるだけビタミンを多く含んだものを積極的に食べるようにしましょう。ビタミン類は新陳代謝を促し、皮膚を健やかに保つ栄養素です。
香辛料やアルコール類は皮脂の分泌を促すので控えたほうがよいでしょう。
睡眠時間を十分に確保して質の高い睡眠が得られるよう、寝る前のスマートフォンの使用は控えたほうがよいでしょう。できるだけ同じ時間に就寝し起床する習慣をつけるだけでも生活のリズムが整います。睡眠中には、肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されるので、肌のゴールデンタイムを活かせるように心がけましょう。
日中に適度な運動を取り入れると全身の血行がよくなるので、食事で得た栄養分を身体のすみずみまで行き渡らせることができます。また、汗をかくことで老廃物が排出され、余分な皮脂が皮膚にたまりにくくなります。
この機会に生活習慣を見直して、肌がイキイキとする生活パターンやリズムを作っていきましょう。

手の届きにくい背中だからこそトータルケアが大切!

背中ニキビには、顔にできるニキビと異なる菌によるにニキビもできる場所です。
アクネ菌によるニキビとマラセチア菌によるニキビは症状が似ており、見分けるのも難しいもの。
一般的なニキビの改善には、食事や睡眠、入浴、ケア方法などを見直すことが大切です。しかし、なかなか治らない、ニキビが繰り返しできてしまう場合はさらにプラスアルファのケアも必要になります。このようなケースでは自己判断せず、医療機関に相談しましょう。

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。