肌に有効成分を浸透させるエレクトロポレーションとイオン導入の主な違い

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック
理事長・統括院長

野田 のだ 知路 とものり - Noda Tomonori -

監修医師 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。
常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

肌に有効成分を浸透させるエレクトロポレーションとイオン導入の主な違い

みなさん、美容液や化粧水を使用していて、こんなお悩みはありませんか?
「毎日肌のハリを保つために、いろいろな美容液を使用しているけど、いまいち肌にうるおいが足らない気がする・・・」
「化粧水があっていないのか、最近、肌の衰えが気になってきた・・・」
「美容液や化粧水をつけていても、どこまで肌に浸透しているのか気になる・・・」
このような方におすすめなのが、エレクトロポレーションやイオン導入です。
なぜなら、エレクトロポレーションもイオン導入も、どちらも肌の奥深くに美容成分を浸透させることのできる医療技術だからです。
しかし、美容医療になじみの深い方ならともかく、あまり美容医療になじみのない方には、どちらもあまり聞きなれない言葉だと思います。
みなさんも初めて聞いた時は、「本当に肌への浸透力が上がるのだろうか?」「安全性は大丈夫なのだろうか?」と様々な疑問がわいてくることでしょう。
しかし、今では美容成分の浸透力の違いを実感することができ、患者様からの評判の高い医療技術として人気を集めています。
今回は、肌に有効成分を浸透させるために使用されるエレクトロポレーションとイオン導入について、わかりやすいよう、2つの違いを含めてお話していきます。

エレクトロポレーションとはなにか?

エレクトロポレーションとは、電気穿孔理論と呼ばれているものです。
もともとは、遺伝子組織や抗がん剤などを効率的に組織に浸透させるために、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などの研究所で確立された医療技術となります。
特殊な電流を用いて、皮膚のバリア機能に隙間を開けて、有効成分の注入を行います。肌に隙間を開ける分、直接塗るだけでは、なかなか肌に浸透しない高分子の美容成分やイオン化されていない成分(ヒアルロン酸など)を浸透させることができるのが特徴です。
また、直接針を入れて有効成分を入れるわけではないので、痛みやダウンタイムなどはありません。
刺激も少ないので、目の周りやくちびるなど、皮膚の薄い部分でも施術が可能になっています。
デメリットとしては、効果がずっと続くわけではないことです。持続時間としては、数週間から数か月ほどになります。継続的に行うことにより、肌質を改善しますので、定期的なメンテナンスが必要です。途中でやめてしまうと、肌質を改善することができないので、注意しましょう。
また、イオン導入よりもいろいろな成分を肌から通過させてしまう分、美容成分の中に防腐剤や着色料などの添加物がふくまれていると、エレクトロポレーションの効果で、添加物の成分まで、肌の奥まで浸透してしまいます。そのため、無添加のものであることが必要になります。

イオン導入とはなにか?

いっぽう、イオン導入(イオントフォレーシス)とは、微弱な直流電流の力でイオン化させた美容液の有効成分を皮膚の表面から奥深くに浸透させる方法です。
直接電流の力で肌に穴をあけるエレクトロポレーションと違って、原理がちょっとむずかしいですよね。わかりやすく説明しましょう。
通常、肌は角質というバリアに守られています。角質は油脂の膜なので、脂溶性、脂にとけるような物質なら肌に通過しやすいですが、水溶性、水にとけるような物質は通過しにくい性質を持っています。そこで、美容成分を浸透させやすくするような「工夫」が必要です。
そこで電気の反発を利用します。つまり、マイナス(−)に帯電した成分がイオン導入器から発生するマイナス(−)の電気と反発することを利用して、帯電させた美容成分が肌の奥深くまで入り込むようにする技術が「イオン導入」になります。
水に溶ける物質であればイオン導入は可能です。美容面では、よくビタミンCやトラネキサム酸などが用いられることが多いです。
エレクトロポレーションと同様に、刺激も少なく、ダウンタイムなどもありません。また、くちびるや目のまわりなど、肌のうすい部分にも使用することができます。
デメリットとしては、エレクトロポレーション同様に、肌質を改善するためには、定期的に肌のメンテナンスが必要である点があげられます。
また、原理的にイオン化できる成分しか肌の奥に浸透しないので、使える美容成分が限られてしまうことも欠点のひとつに挙げられます。

エレクトロポレーションとイオン導入の違いとは?

どちらも肌に有効成分を浸透させやすくする医療技術ですが、エレクトロポレーションとイオン導入は全く異なる医療技術であることがわかりましたでしょうか。
では、エレクトロポレーションとイオン導入の違いはなんでしょうか?
ひとことでいうと、「エレクトロポレーションのほうが、なんでも肌の奥に浸透させる。」これに尽きます。
イオン導入は、イオン化した美容成分を電気の反発を利用して、肌の奥に押し込む技術です。それに対してエレクトロポレーションは、直接肌に電流を用いて隙間を作る分、浸透力が高くなります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンといった、比較的分子量の大きいものも、肌のバリアを通過させるのが、エレクトロポレーションです。また、浸透率もイオン導入にくらべて約20倍も浸透させやすいという報告もあります。
「はやく有効成分をいろいろ浸透させたい!」という方はエレクトロポレーションがおすすめです。逆に、ビタミンCやトラネキサム酸など、厳選された成分だけを浸透させたい場合はイオン導入になります。

【まとめ】肌に有効成分を浸透させるエレクトロポレーションとイオン導入の主な違い

今回はエレクトロポレーションとイオン導入についてお話いたしました。
どちらもお肌に有効成分を届ける画期的な方法ですが、自分のお肌にはどちらがあっているのか決め切れない方も多いと思います。
当院では、施術前からスタッフがお肌の状態をみながら、どちらの医療技術がよいのかを含めてアドバイスさせていただきます。
お気軽に当院スタッフまでご相談ください。