Part8 美容コラム

アートメイクのデメリットとは?メリットも解説

アートメイクのデメリットとは?メリットも解説

メイクをしたような美しい状態をキープできるアートメイク。 美しくキレイでありたい女性にとって大きな味方であるアートメイクは、皮膚に色素を入れてデザインを施すだけあってデメリットやリスクも存在します。 ...続きを読む

レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いを解説

レーザートーニングとフォトフェイシャルの違いを解説

女性の代表的なお悩みのひとつである「シミ」ですが、技術が進歩する上で治療の選択肢が増えてきました。 その中でも美容医療を中心に行われているのが「フォトフェイシャル」と「レーザートーニング」です。 どち...続きを読む

Fotona QX(フォトナ QX)の機能の特徴や適応などを解説

Fotona QX(フォトナ QX)の機能の特徴や適応などを解説

非常に多くの女性が、悩みを抱えている「シミ」。 その悩みにお応えするために、開発されたのがレーザー治療です。 実はその歴史は非常に古く、レーザーの発想をしたのは、かの有名なアルベルト・アインシュタイン...続きを読む

アートメイク施術の回数が2〜3回必要な理由とは

アートメイク施術の回数が2〜3回必要な理由とは

アートメイクの施術は1回で完了させるのではなく、2~3回と行う必要があるのをご存知ですか? アートメイクをより美しく長持ちさせるためには1度で終わらせるのではなく、回数を重ねて施術を受けたほうがよいの...続きを読む

アートメイクはどのくらい持つの?持ちを悪くするNG行動とは

アートメイクはどのくらい持つの?持ちを悪くするNG行動とは

目次1 アートメイクはどのくらい持つの?どうして薄くなるの?1.1 アートメイクの持ちはどのくらい?1.2 アートメイクはどうして薄くなるの?2 施術後1週間が長持ちの分かれ目!持ちを悪くするNG行動...続きを読む

アートメイクでほくろは作れる?人気の位置は?

アートメイクでほくろは作れる?人気の位置は?

アートメイクの施術箇所としては、眉やアイライン、リップなどがよく知られています。しかし、「洗顔しても色落ちしない」「汗をかいてもにじまない」といった特徴を活かし、ほくろを作るために利用されることもあり...続きを読む

シミの種類と発生機序(原因)とレーザートーニングが効果的なシミ

シミの種類と発生機序(原因)とレーザートーニングが効果的なシミ

「シミが頬にあって、人目が気になってしまう・・・」 「このシミが鏡をみるたびに、いつも気になって仕方がない・・・」 「このシミを毎日お化粧で隠すのが大変・・・」 そんな顔の「シミ」でお悩みの方、非常に...続きを読む

くすみのない明るいリップで過ごせると評判!リップアートメイクのメリット

くすみのない明るいリップで過ごせると評判!リップアートメイクのメリット

リップにもアートメイクがあるってご存知ですか? 眉毛やアイラインに黒い色を入れるアートメイクだけでなく、リップにはカラーを入れることができるのです。唇の色が黒ずんでくすんでいたり唇の形が左右非対称であ...続きを読む

レーザートーニングで効果が出るまでの施術回数と期間

レーザートーニングで効果が出るまでの施術回数と期間

弱いパワーでレーザーを当てることで、肌に余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンの排出を促すことのできる「レーザートーニング」技術。 女性ホルモンが関係し、両ほほを中心に広く茶色に出てくる「肝斑(...続きを読む

レーザートーニングで肝斑やそばかすが消える仕組み

レーザートーニングで肝斑やそばかすが消える仕組み

30代から40代にかけておこりやすく、両方のほほを中心におこる「シミ」のひとつである「肝斑(かんぱん)」。広く散らばるような茶色の色素が肌に残るのが特徴です。女性に多いため、女性ホルモンのバランスの乱...続きを読む